【考察】FGO経済圏が盛り上がっている理由を考えてみた

学び
この記事は約5分で読めます。

3周年を迎えたFGOことFateGrandOrder
なんと先日の3周年イベントではアニメ化も発表されましたが、今回はなぜFGOはここまで一強なのか、アニメコンテンツ市場の背景などさまざまな要因から人気の理由を考察してみました。

スポンサーリンク

人気な要因その1「圧倒的に面白い」

言わずもがな、当然の要因ですね。
大体はこの言葉で片付くってぐらいこの要素は大きいです。
実際自分もアプリはリリース当時からやってるし、Fate/ZeroやUBWなどアニメもほぼ全部観てますが、やっぱりストーリーは面白いしアニメは作画や音楽などクオリティは他のアニメと比べても正直飛びぬけて高いです。
面白い理由にもしっかり理屈はあって、携わっている人たちがアニメ史を作ってきた凄い人(虚淵さんとか)ばかりなんですよね。
にわとりが先か卵が先か的な話に近いですが、それだけいい人が結集すれば良い作品ができるわけです。

人気な要因その2「アニメ化&ufotable」

これはFGOってよりかはFate単体のIPの人気要素の話ですかね。
やっぱりアニメ化は超でかいです。
元々Deenが一度原作をアニメ化してるのですが、相当前だったので新規はなかなか入れなかったんですよね。
そこに2011年にFate/Zeroがアニメ化するわけですが、これがもうアニメ史に残る神アニメって感じの出来でした。
自分もかなりアニメ見てきていますが、一番のアニメは何かって答えるならばFate/Zeroです。
ストーリーはもちろん、当時の技術であのクオリティはもうヤバイです。
そんな感じで多くのアニメファンに「Fate=面白い」と認識させたっていうのが本当に大きいですね。
その後にUBWがアニメ化され、そこからずっと毎年何かしらのFateコンテンツが継続します。
これがマジで一番重要ですが、これはあとで説明します。

さて、「アニメ化&ufotable」のufotableですが、ご存知の通りFateのアニメや映画は大体ufotable担当しています。
ufotableとはアニメ制作会社のことですが、ここの制作会社が作った作品はヒットが約束されているといっても過言ではないぐらい良い会社です。
アニメ制作業界はどこもレベルが上がってきていますが、ufotableだけは作画、CG、アニメーション、音楽のすべてにおいて他と比べて飛びぬけています。
といっても、前提としてどこも違った良さがあり、京アニには京アニしか出せない良さやA1やPAの安定感とかもとても素晴らしいですが、Fateの醍醐味である派手な戦闘シーンやリアリスティックな風景はやっぱりユーフォは相性がいいです。

劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]」第一章/予告編第二弾 | 2017年10月14日公開

人気な要因その3「ファンの熱量の維持」

間違いなく、これがFGOというかFateが業界で一強である理由です。
上記二つぐらいのIP作品ならわりとあるんですよね。
エヴァやハルヒ、けいおん、とある、ラブライブなどなど、瞬間人気なら上の作品もあったりします。
でもなんでFGOなのかっていうと、
FateというIPは毎年新しいコンテンツを提供してファンの熱量を保ち続けているからです。

例えばFGO内のイベントだけでも毎年これだけあります。

こうやってほぼ月一ペースで何かしらイベントがくるのでずっとハマっていられるわけです。
それに加えてFateコンテンツ自体もHeaven's Feelが映画化したりFGOがアーケードゲームとしてリリースしたり、アニメ化したりずっと何かしらコンテンツが続いてるわけです。

TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」公式サイト
「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」 2019.10 ON TV

こうやってユーザーを飽きさせる前にどんどん新しいコンテンツを追加し続けているのが本当に重要です。

まとめ

ファンが離れる原因って単純にコンテンツに飽きるからです。
もっというと、全部観終わったりして新しいコンテンツが無いから冷めちゃうって感じです。
今やってるワンクールアニメとかのほとんどもそれで、アニメ観終わってしまったら続きが存在しないんですよね。
うまく原作とかOVAとかゲームとかに繋げられればいいのですが、大半は次のクールが始まれば新しいアニメ観て熱量は冷めてしまいます。

エロゲーのルート回収とかもそれと同じで、もうコンテンツを全部味わい尽くしてしまったら、もう新しい発見とか興奮が無くなってしまいます。

最近だと進撃の巨人とかリゼロはどこかとコラボしたりして出来るだけ熱量を維持し続けていますよね。
だから人気が続いてます。

アニメだけならFateといい勝負すると思いますが、上2つは自社IPスマホゲームを保有していないんですよね。
やっぱり単独IPのスマホアプリは大きいです。
どこかのゲームと都度コラボだとどうしてもロイヤリティということでいくらかシェアしないといけません。
もちろん自前でゲーム用意する場合の運営費とかはありますが、今の時代スマホゲームの売り上げって重要です。

つまりアニメ×スマホゲームを両展開している作品って実は少ないんですよね。
Fateはこの二つを展開出来ているから他と比べて一強っていう感じの盛り上がりを見せてるわけです。

正直、この盛り上がりとか人気っていうのも難しいところで、面白くないコンテンツってそもそも人気が無いので熱量の維持自体が難しいんですよね。
なので第一段階としてある程度話題になってて面白い原作・アニメである必要と、第二段階でコンテンツ維持が必要になってくるわけです。
それに、毎年アニメ化とかIR的な発表ってやっぱりコストめちゃくちゃかかるわけで、元のIP自体がよほど面白いか儲かっていたりしないときついです。アニメとかワンクールでも何千万とか動くので。

だから毎年ファンを飽きさせる前にどんどんコンテンツを追加し続けているFGOは本当に一強っていえるぐらい凄いです。アニメ化とか映画とか毎年出来るあたり、経済効果とか売上は相当あるはずで、その規模感をやってるIPの中ではFateが今は一強ですよねってことです。

ちなみにラブライブとかアイナナとかアイドル系、特に女性向けも実は相当経済規模ありますが、女性向け作品ってなかなかメディア露出しなかったりしてマーケットキャップのわりに知名度低かったりします。でもここらへんも本当にきてるのでこっちも注目ですね。女性向けは今本当に熱いです。また女性向け作品について雑記書きますね。

というわけで今回はFGOが一強の理由みたいなものを考えてみました。
やっぱり熱量の維持って大事。

この記事を書いた人
蓮水椿

都会の喧噪から離れてゆったりと運営するブログです。カフェのような落ち着きと訪れた人のサードプレイスになれるような居心地の良いサイトを目指しています。

蓮水椿はただの概念。エロ×◯◯に興味があり、最近はファンテック領域を勉強しています。その他日常の学びと経験をアウトプットします。ここはそんな私の脳の置き場。

蓮水椿をフォローする
学び
スポンサーリンク
蓮水椿